ボディヘルスブログ

投稿日時:2014/09/30(火) 11:40rss

悪玉菌で汚れた血液が「未病や病気」を招く話。

前回話した悪玉菌が引き起こす病を紹介します。
◆腹部のトラブル(腹痛・膨満感・食欲不振)
◆肌のトラブル(肌荒れ・ニキビ・シミ)
◆頭部のトラブル(頭痛・目眩・肩凝)
◆腰のトラブル(腰痛)
◆臭いのトラブル(おなら・口臭)
◆肥満・ストレス・アレルギー
◆便秘に関わる様々な病気・便秘が引き起こす、あるいは結果として便秘が発生する代表的な病気としては次の様な事が挙げられます。
1)大腸がん・直腸がん 2)腸閉塞・腸管癒着 3)痔疾 4)過敏性腸症候群 5)その他(肝臓病腎臓病)最良の改善策とは・・・腸内細菌の善玉菌を増やし悪玉菌を減らすこと!
次回は腸内環境を正常にして免疫力UPのお話です。       BHC資料より