ボディヘルスブログ

投稿日時:2015/03/15(日) 17:57rss

知って得する豆知識(腰痛編)

皆さん腰痛は何で起きるか知っていますか?すると骨盤が曲がっているからと答える人が大半でした。
なら骨盤は何で曲がるの?と聞くと足を組むからとか長時間座っているからとか!女性は産後からと答える人が多かった。
でも 骨盤矯正施術が流行りましたが腰痛が減ってきたと言う話は聞きませんよね?それは矯正しても直ぐに元に戻ってしまうからなのです。
そこでもう一度良く原因を確かめてみました。
地球に生まれてきた祖先から!地球が誕生て微生物が生まれ水の中を漂うだけの生き物が餌の捕食のために動ける機能を身に付け、そのうちに水の中を自由に動ける脊髄(背骨)魚が生まれ水面から顔を出した魚が陸地を見て陸に上がりだした魚が両生類となり陸で生きていくために動きやすい様に手足が出来てそこで骨盤と肩甲骨が生まれた。この進化から現代に伝わる肩凝腰痛は生まれていたのだ。そこて最初から有る脊髄にあとから骨盤や肩甲骨が生まれたのなら先ずは脊髄が原因で肩こりや腰痛が起こるのではないかと答えを出したのである。
人 間は左右対称に作られていますが両手が利き腕と言う人は少ないと思います。右利き、左利きで脊柱背骨が歪むのだと!右利きの人は肩が内側の入り肋骨が歪む。目をつぶり歩くと左側にずれていきますよね!でも目をあけて歩くと補正され真っ直ぐに歩くこれこそが骨盤が曲がる原因だったのです。本来曲がっただけでは腰痛になりませんが背骨から骨盤までの筋肉が衰えたり腹筋の衰えにより姿勢が悪くなり筋肉に負担がかかり痛くなるのと、脊髄に負担がかかり椎間板がはみ出して神経を圧迫する椎間板ヘルニアとなり腰痛が起きていたのです。
 腰痛対策は背筋、腹筋を鍛えて姿勢を正して左右の肩を内転させて背骨を後ろにそらすストレッチを心がけることで腰痛は改善されるでしょう。

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

トラックバック一覧